第81回 株式会社マザーハウス 山口絵理子

header01.gif

第81回
株式会社マザーハウス 代表取締役社長 
山口絵理子 Eriko Yamaguchi

1981年、埼玉県生まれ。小学生時代にいじめに遭い、中学ではその反動から非行に走る。中2で柔道を始めたことで、更生。柔道を極めるため、大宮工業高校に女子部設立を嘆願し、進学。最後の大会で、全国7位となる。柔道人生とはここでお別れ。半年間必死で受験勉強に取り組み、慶應義塾大学総合政策学部へ。大学4年次、ワシントンにある国際機関でインターンを経験。大学卒業後、単身バングラデシュに渡り、BRAC大学院開発学部修士課程に入学。現地で夜間の大学院に通いながら、日本の大手商社のダッカ事務所にてインターン。商社の仕事で訪れた見本市会場で、ジュートバッグと出逢う。自ら描き起したデザイン画と、バイトで溜めた資金を携え、現地工場との生産交渉を開始。幾多のハードルを乗り越え、完成した160個のバッグを持ち帰り、2006年3月、株式会社マザーハウスを起業。現在も、ビジネスを通じた健全で持続可能な途上国支援のために走り続けている。「フジサンケイ女性起業家支援プロジェクト 2006」最優秀賞受賞。著書に『裸でも生きる』(講談社)がある。

インタビュー 記事を読む

ライフスタイル

好きな食べ物

オムライスかな。
本社がある台東区入谷には、安くておいしい定食屋さんがたくさんあって、よく食べに行っています。オムライスが好きなんですよ。バングラデシュでは、毎日、毎日カレーを食べてた反動かもしれません(笑)。あとは、アイスクリーム。中でもチョコミントがお気に入りです。お酒もタバコもいっさいたしなみません。

趣味

油絵です。
小学3年から少し習っていました。それからずっと変わらない趣味です。静物、風景いろいろ描きますが、最近、バングラデシュで撮った写真を題材にすることが多いです。あとは、中学・高校と続けていた柔道も最近楽しんでます。実はバングラデシュの国体に出場させてもらっていて、2年連続で金メダルを獲得してるんです。

最近感動したこと

現地工場のスタッフの姿勢。
バングラデシュの自社工場で、現地の優秀なパタンナーを面接したのですが、給料の面が折り合わなくて断られました。ふと見ると、面接終了後、あるスタッフが彼を説得してる。「給料以上の価値がマザーハウスにはある。たくさんのことを学べる」と。すごく嬉しかったですね。結局、その説得の後、彼は当社に入社することになりました。

行ってみたい場所

中東エリアです。
これまで行ったことがない、中東エリアでしょうか。私たち、マザーハウスのビジネスとしても、銀細工や様々なアクセサリーなど、面白い取り組みが考えられそうですし。あと、国内にもまだ訪れたことがない場所がたくさんあります。北海道には行ってみたいですね。これは仕事抜きの、楽しい旅行として(笑)。

お気に召したらシェアおねがいします