第19回 有限会社てっぺん NPO法人居酒屋甲子園 大嶋啓介

header01.gif

第19回
有限会社てっぺん 代表取締役
NPO法人居酒屋甲子園 理事長
大嶋啓介 Keisuke Oshima

1973年、愛知県生まれ。小さな頃から、祖父が経営する喫茶店を見て育ち、将来は自分も飲食店オーナーになりたいと思うように。名城大学理工学部卒業 後、1年間だけサラリーマンをやると決め、専門商社へ就職。横浜地区の営業を担当する。1年後、公約どおり退職し、愛知県へ戻る。1カ月かけて40店以上 の店を視察した中で、ここで働きたいという居酒屋に出合う。97年5月、(株)かぶらやグループにアルバイトとして入社。8カ月という異例の早さで「飯場 本店(はんば・ほんてん)」の店長に昇格。その後、常にNo.1の業績を挙げ続け、名古屋で最も注目される繁盛店に育て上げた。2001年、東京進出1号 店となる「飯場銀座店」の立ち上げを担当。「朝礼日本一の店」としてマスコミ各社が取り上げ、全国から朝礼見学者が殺到。30歳で、かぶらやグループを退 職後、03年7月、(有)てっぺんを設立。04年1月に、第1号店「てっぺん自由が丘店」、05年4月「てっぺん渋谷店」(現・てっぺん女道場)、05年 8月には、大嶋氏が幼少期を過ごした三重県桑名市に「てっぺん桑名店」を、そして06年8月「てっぺん男道場」を渋谷にオープン。また05年には、日本の 居酒屋を元気にするプロジェクト、「第一回居酒屋甲子園」を開催。大きな成功を収め、業界内外から注目を集めた。てっぺんの朝礼の極意を納めたDVD、『本気の朝礼』(日経BP社)がある。

インタビュー 記事を読む

ライフスタイル

好きな食べ物

餅をいっぱい入れた母の手づくり雑煮です 
母がつくってくれる雑煮が一番好きですね。本当に美味しいんですよ。多いときは一度にお餅を20個くらいは食べます。お酒は何でも飲みますが、焼酎系が好きですね。特に芋焼酎が好き。ちなみに泡盛を飲むときは、必ず記憶がなくなるまで飲んじゃいます(笑)。

趣味

話すことが大好き。毎月15~20回は講演やってます 
講演やセミナーでしゃべることです(笑)。僕は話すことも、話を聞くことも大好きなんです。毎月、15~20回は講演を引き受けていまして、全国を飛び 回っています。今は、「居酒屋甲子園」と「てっぺん」の広報的な講演が多いですね。今後は、学校の先生や生徒向けの講演も増やしていきたいと思っていま す。

休日の過ごし方

子どもたちと本気で遊んでいます
オールオフでオールオンといえます(笑)。仕事もプライベートもほとんど境目がないですね。名古屋に、妻と6歳、3歳の男の子を残して仕事をしてますか ら、たまの休みがとれたら、自宅で子どもたちと遊んでいます。仕事よりもパワーを使うくらい、本気で遊んでいますよ(笑)。

いま一番行きたい場所

ハワイや沖縄などのリゾートで、じっくり本を書きたい
ちょっと前に1冊本を書き終えたばかりなんですが、まだ書きたい本が3冊くらいあるんですよ。だから、少し長い休みが取れたなら、ハワイや沖縄など南国のリゾートのホテルで、のんびりじっくり執筆をしたいですね。

お気に召したらシェアおねがいします